コーギーのコタさんのこと。日々のこと。大好きなサッカーのこと。 佐藤由紀彦選手を応援してます♪
by kota0416
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
"Leaves2" Skin
by Animal Skin
動物病院選び
先日、トリマーで動物病院に勤務している友人と話していたとき。
「どこの病院に行ってるの?」と聞かれ
「A病院」と答えると、彼女が絶句・・・
そして「A病院とB病院だけは絶対ダメです!」ときっぱり。
営業妨害になるからと、具体的なことは教えてもらえなかったけど
ここには書けないこともいろいろ聞かせてもらった。
確かにね・・・と納得できる部分も多い。

A病院にはここ1年半ほどお世話になっている。
スタッフの対応もいいし、ここでのコタさんの別荘生活もすっかり慣れていた。
でも病気をしてお世話になったことはないんだよね。

動物病院というのは人それぞれに感じ方が違うから難しい。
ただ、今回の友人の話はかなり私には凹むものだった。
いますぐ病院を変えるのは簡単。
でもだからといって他にどこがいいんだろう?
コタさんがまた違う別荘生活に一から慣れなくちゃならないのもかわいそうで。

実は彼女の勤める病院は我が家の近く。
でも「うちの病院に来た方がいい」とは言えないという彼女。
というのは、先生が飼い主さんに対して愛想が悪いのだそう。
(それは、他の友人からも聞いていたので納得。)
だけど。犬に対する思い、治療に対する努力、真剣さ、というのは
身近で見てて素晴らしい、と彼女は言っていた。

病院選びはほんとうに難しい。
[PR]
Top▲ | by kota0416 | 2008-11-01 11:35 | 病院
肝臓の数値が正常に。
先週の月曜日。
フィラリアと肝臓の血液検査をするために病院へ行こうと玄関を出ると雨。
いつもならコタさんには車まで歩いてもらうのだけど
足を汚したくないので、玄関先から抱っこしていくことに。
で。その抱っこの瞬間に「グキッ」と腰にきちゃったわけで。
最近腰の調子がよくなかったこと、前日の薬用シャンプーで腰が悲鳴をあげていたこと。
なるべくしてなった運命の「ぎっくり腰」といったところでした。

さて。幸い動けたのでひどくならないうちにコタさんの病院へそのままGO!
1年に1回、血液検査でコタさんの肝臓の状態を調べてもらってます。
仔犬の頃から異常な数値が続いていたので今回も期待することなく。
あまり悪くなっていないといいな、程度。
ところが・・・
「肝臓、大丈夫ですよ」の言葉。ええええええーーー
何と。ALTの数値が53!標準値は(10~100)
これまでの値は
2006年5月  493
2006年7月  170    
2006年10月 198
2007年4月  128 
だったから、もう目を疑いたくなるような数値に思わず涙がでそうになりました。
生まれて初めての標準値内です。

何が良かったんだろう?痩せたこともよかったのかな。
ちなみにコタさんの体重は12.45キロ。
ここ数ヶ月、この体重を維持しています。
私としては本当はもう少しふっくらしててほしいんだけど、
コタさんにとってはいい体重なんだね、きっと。

採血に失敗して奥様にダメだしをされてた先生。
当のコタさんはそんなの平気。
スタッフのお姉さんにおやつをもらって大満足でしたよ。
c0137257_1572267.jpgc0137257_1574146.jpg

このあと、私は整体治療へ。
体はボロボロだったけど、心は晴れやかな一日でした。
腰のこと、ご心配をいただきありがとうございました。
幸い症状が軽く、いまはずいぶん良くなってきました!
[PR]
Top▲ | by kota0416 | 2008-04-20 13:09 | 病院
体脂肪率を測ってみた
先週、コタさんの病院に行ってきました。
訳あって、これまでの病院を変えることになり、新しい病院はお隣の町。
「どんなところかなぁ」と私はわくわくドキドキ。
コタさんは、病院では全く手がかからないので、私は半分レジャー気分でGO!
さくっと道に迷いましたが、無事に到着。

病院ではフィラリアの検査と、
以前肝臓を患っていた話をして血液の生化学検査をお願いすることに。

先生も事務を取り仕切っている奥様も、スタッフの方もみんな明るくてフレンドリー。
ほっとしながら、検査結果を待っていると・・・
目に飛び込んできたのがコレ。
c0137257_2148055.jpg

おお!
ココでは噂に聞いていた「犬の体脂肪率」の検査ができるらしいのです。
以前、他の方のブログで拝見したことがあり気になっていたので、スタッフの方に聞くと。
「やってみますか?」
「はいっ!ぜひお願いしますっ」(これ無料なんですよ♪)
検査は背中の毛を櫛で分けて、皮膚の部分に機械を当てて測定するというもの。

わくわく♪どのくらいかな?
35%ですね」
「え?それって多くないですか。標準はどのくらいですか?」
「適正範囲はだいたい20~25%くらいです。これ以上太らないようにしてくださいね」
「ガーーーーン・・・」

まさかコタさんの体脂肪率が高いとは思ってもみなかったのですよね。
フードは少なめだし、おやつも野菜が大好き。
肝臓が良くないこともあり、カロリーコントロールもしっかりしてます。
運動量もかなり多いほうだと思う。
なのに・・・???
まさか。
かくれ肥満???ぷぷぷぷ~

体重は13.4キロ。
コタさんのベスト体重ですが、あれ?家で計っていたより1キロ以上も多い
計り方が悪いのかな。
家では、コタさんを抱っこして体重計に乗りその重さから
自分の体重をマイナスするという方法です。
そんな話をすると。

「定期的に体重だけ計りにきてもいいんですよ~そういうサービスもしてますから」
あーなんていい病院なんだろう。

しかも、血液の生化学検査をお願いしたことで
「フィラリアの検査はサービスしますね」ですって。
いままでならフィラリア検査1500円+生化学検査5500円で7000円払っていたところ。
しかも検査項目を最小限に抑えてくださり、
今回の検査料は3150円とのこと。
ブラボ~☆⌒(* ^∇゜)v

しっかり説明もしてくれるし、信頼できる感じの先生。
ちょっと奥様に敷かれてるけど(笑)
何より、雰囲気がいいのよね。
フレンドリーで明るくって、笑いがたえない。
我が家はコタさんをお泊りで預けることが多いのですが
ここなら安心して預けることもできそう。
これから、こちらの病院でお世話になろうと思います。

で、帰りには
「検査頑張ったわね」とササミジャーキーを2枚頂き。
「よろしかったらどうぞ」とフードのサンプルを3袋。
ちょっとしたことだけど、単純な私は嬉しくなっちゃいました♪
c0137257_21481743.jpg

肝心の肝臓の値(ALT)ですが。
標準に近い値まで下がっていました!(正常範囲は10~100)

2006年5月  493
2006年7月  170    
2006年10月 198
2007年4月  128 

フードを代えて約一年。
「前のフードが合わなかったのかもしれません」と先生。
それはどうかわからないけれど、今のフードにして良かったことだけは確か。
そうそう、サプリメントとして与えていたウコンの効果もあるのかも。

良い病院にめぐり合え、肝臓の値も下がったことで
帰りはルンルン気分でした。

まぁ、問題は「体脂肪率」ですか(笑)
あまり気にしないことにします。
だってこれ以上、コタさんの生活改善の余地がないですもん。
神経質にならずにいきまっしょ。
でも、最近「メタボー」と飼い主に呼ばれているコタさんです。

食べて、寝て、ボールで遊んで。健康生活満喫中。
ボクはメタボぢゃないぞーー
c0137257_21483595.jpg

[PR]
Top▲ | by kota0416 | 2007-04-08 21:47 | 病院
| ページトップ |